自宅が傾いてきた・・・ローン残ってるけど引越ししかないのかな

約10年前に戸建ての建売住宅を購入しました。
安サラリーマンの自分としては、生涯で一番高い買い物です。
建築前から土地を見て、気に入って購入を決めたのですが、敷地は以前アパートが建っていたようでした。
基礎工事の段階で見学に来たときに、敷地に数多くの、排水用などのためのパイプが埋まっていることを発見しました。
その本数があまりにも多く、そのまま上に家をたてたら、地震や大雨で、埋まっているパイプが破損などして、敷地が凸凹になってしまうのではないか–という疑問が湧き、不動産屋さんに相談しました。
かなり「すったもんだ」がありましたが、結局「売主」側の負担で、土地を掘り起こし、パイプをすべて撤去することとなりました。
その撤去工事は、ほぼ順調に終了して、そのときには「ひと安心」したことをはっきり記憶しています。
ところが最近、部屋の中に野球のボールを置いてみたところ、一定の方向にゆっくりころがっていくことを発見しました。
家が傾いているのです。
そうです、工事前に敷地の土を掘り起こし、埋め戻したことにより、落ち着いていた土地が、柔らかくなってしまい、納期を心配した売主が、柔らかいままの土地に強引に家を建ててしまったことが原因です。
引渡しから10年以上も経過し、どこにも文句を言えず、日々過ぎてゆきます。「我が家」はだんだんと傾きを増しながら・・・。
住宅ローンも後10年残っている状態ですが、こんな危険な家に住んでいるわけにもいかず・・・
家の売却と引越しをこちらのサイトで検討しているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です